topimage スタッフォードシャー・ブル・テリア「さくら」の成長日記を中心に、大好きなラグビーやお酒についても書いています。

2017-10

信頼できる獣医師 - 2012.10.06 Sat

とある日の夕方のこと。

さくらが吐き戻した。


食いムラのあるさくら。
朝ごはんを「食べたくなーい」と言ったらそのまま取り上げて夜まであげない。

そんなこともあり、吐き戻した物は液体だけ。

その後も普通にしてるし大丈夫かな。と、思ってたら
「ケホッケホッ」と、咳をしたあとに「オェッ」となる。


そんなことを繰り返したあと爆睡。
寝たらその辺のおじさんに負けないくらいのイビキ!!

食べ物を食べたい気持ちはあるらしく、試しにボーロをあげてみたらバクバク食べて飲み込む。
その後ケホッケホッってしてえづく(えずく?)

食い気はあれどあまり良くないな。と、思い食べ物はあげないことに。

夜中になって相変わらずの大イビキで寝てると思えばムクッと起きてケホケホッ。。。オェッ。


このままではかわいそうだし、もしや何か詰まってるのか?
心配になり、かかりつけの病院へ電話。
深夜2時のことだ。

ありがたいことにかかりつけの病院は獣医師の数が20人くらい。
当直医も何人か居て、診療時間外も電話で症状を伝え緊急を要する場合は診てもらえる。


電話に出た獣医師。こんな深夜だ。寝ていただろう声色
深夜に申し訳ない旨お詫びし、さくらの症状を伝える。

「よだれをダラダラ出していないか?」「ずっと続いているのか?」などなど、一通りの質問をした後

「う~ん。。。。。。。う~ん。。。。。。
 誤飲ではないと思うんですけど、、、、診るまで何とも言えません。。。。
 でも、今来られてもレントゲンとか撮れないので。。。。
 大丈夫だと思うんですけど・・・・・・・・」

まぁ、それしか言いようがないんだろうけどさ。。。。

良い方ってもんがあるだろ!?

こっちは、ずっと咳したりえづいたりする犬を前にして心配でならないんだよ!!!


結局、翌朝、少しは症状が良くなったようにも見えたけど、
心配なので診てもらいに病院へ。


当直医ではない獣医さんに診てもらう(若いめの男性)
(当直医の方は、たぶん前もあまりいい印象を持たなかった若い女医さんのようだった)

さくらを触診し、
「胃液はかなりの酸性なので、吐いたときに気管やのどのあたりに炎症をもたらしたのでしょう。」

抗生物質と炎症止め、咳止めなどの成分が入った点滴をしてもらい帰宅。
その後、症状は改善し、夜には普通食を食べても咳をしなくなった。



結局、レントゲンもとらなかったし、触診だけ。

大した症状でもなかったわけだけど。。。。。。。

飼い主は小さな症状でも気になって不安になるものだと思うんです。
深夜に電話に出た当直医のなんとも言えない頼りなさ。


「症状を聞くと、誤飲ではないと思うので、朝まで続くようなら受診してください。」
と、はっきり言うとか、、、、、
「症状がひどくなったらまた連絡してください。」
とか、言えないのかな~???

夜に面倒くせぇなぁ~。って思われたのか????
判断をこっちに任せるような言い分だったし。


それに比べ、触診してくれた先生は安心感ありました。

普段、そんなに病院行かないから使ってなかったけど、お医者さんの指名もできるってことだから
今後は今まで受診して印象の良かった先生に診てもらおうかな。




そんなこんなあったさくらですが、、、、
今はハイパー元気です♪
2012_09_30_3783 (500x333)
スポンサーサイト

● COMMENT ●

人間、動物ともに、お医者さんの言葉って大きいと思います。
それで患者は安心できるんですから。
と、7月に入院してた私はしみじみ感じてます。

さくらたん、大事にいたらなくて良かったね。

難しいね

不安な時は診察時間内に病院に行くことがベストで、たとえ大したことなくても獣医の診断を聞くだけでも安心だからね。
うちもゆがふとか獣医も恐る恐るの人居るし、犬のこと詳しければ詳しいほど怖がるしでいつも若い獣医さんにお世話になってる我が家です、若い獣医はよ~く見てくれるのよ!
が、さすがに珍犬、飼い主は父さんだからね、いざって時は院長が出てきて判断してくれます。
しかし大したことなくて良かったね(●^ー^●)
うちはそんなこんなで若い獣医贔屓です(^m^)

昨今は、医者も獣医もサービス業になってしまい
同時に、モンスターペイシェントなんかも続出してるから
「下手なこといって責任問題にならないように…」という意識が働いてしまうのでしょう。
なんだかなぁ。

獣医はその道のプロなのだからこちらも全面的に信頼したいし、
獣医さんだって「所見ではこうです!」って胸を張っていてほしいものです。

動物は医者を選べないし、飼い主が結局獣医を選択しているワケで、
最終的には人間性なのかな。

Re: タイトルなし

renさん

まぁ、空腹時に胃液を吐くのは何度か経験あって、
吐くこと自体は吐いた物の色を見て大丈夫だな。って思ってたんだけど、、、、
まさかこんなことになろうとは!

とりあえず、夜電話に出た獣医さん。
「電話では何とも分からないですが、症状が悪化したりしたらすぐ来てください。」
っていてくれるだけでも安心したんですけどね。。。
「大丈夫だと思うけどぉ。。。今来てもねぇ…。」って空気だった。

もちろんそんなお医者さんだけじゃないんですよ。その病院。
信頼できる方もたくさんいます。

ただ、たぶんその電話に出た人。
過去に「さくらちゃんはちょっとスタッフィーにしては太ってるので、気管が狭くなってる・・・」
云々言ったんですよ。
それで絶対信用できないの。
スタッフィーのこと勉強してくれようという気がないから。
どう見てもスタッフィーにしては小さいんですけど…。

今はハイパー元気印なのでご安心くださいね~!!!

Re: 難しいね

アレファラゆがふ母さん

さくらの病院は獣医がベテランから若手までまんべんなくいるイメージ。
若い女医さんでもすっごく丁寧に見てくれる人もいるし、なんだかなぁ~??
って人もいますね。。。
でも、勉強熱心でしっかり診てくれる人はワンコだけじゃなく飼い主さんにもしっかり説明してくれます。
まぁ、さくらも病院嫌いだから(^_^;)
病院では落ち着いて先生の話聞いてられないってものあって、
簡潔にささっと説明してくれる人が好きです(母個人的に・・・)

Re: タイトルなし

higoさん

そっかぁ。目からウロコ。
って言うか、、、、そうなるかもなぁ。
「責任問題」かぁー!!!!
「先生がそう言ったからですよっ!!」って責められかねないですもんね。

そういえば、、、結局状況説明と何種類かの処方の仕方を言われて「どの処方にしますか?」って聞かれたこともありますね。
こっちは素人だから「どれにしますかって言われても。。。」と思うんですけどね。
結局のところ、犬は話せないし、原因不明の事案ってのが結構あるわけですよね。
その時の処方を獣医さんも限定しない。ってことなのかなぁ。
「この処方を選んだのは飼い主さん。あなたでしょ?」ってなるのか。。。
極論だけど・・・・。

でも、とってもいい先生もいっぱいいるんですよ。
大きい病院だからどうしても事務的になるけど、スタッフィーでも友好的に接してくれて適切な処置してくれる先生。

でも、やっぱり「動物が好き」ってだけでは獣医やっちゃいけないですよねぇ。。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakurabiyori0412.blog51.fc2.com/tb.php/390-9edb3a57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

母、初のお手製♪ «  | BLOG TOP |  » お姉ちゃんたち、いらっしゃ~い♪

プロフィール

さくら母

Author:さくら母
趣味:
愛犬さくらとのお散歩、ラグビー観戦。
好きなチーム:
パナソニックワイルドナイツ、NZ「AllBlacks」

2010年7月からスタッフィーの「さくら」と暮らし始めました。
最初は不安なことばかりでしたが、今はさくらとの毎日を楽しんでいます。
ラグビーファンの我が家。ときどきさくらも一緒に観戦に行っています。
日本酒大好きさくら家。
さくらも日本酒のわかる犬に成長しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

さくら (553)
ラグビー (68)
日々のこと (246)
ドライブ (5)
お酒日記 (20)
フラワーアレンジ (23)
未分類 (0)
ご挨拶 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして