topimage スタッフォードシャー・ブル・テリア「さくら」の成長日記を中心に、大好きなラグビーやお酒についても書いています。

2017-06

こわい音 - 2014.08.05 Tue

去年の夏のこと。
ちょうど、子供たちの夏休みが始まった頃の金曜日のことだ。
散歩が好きじゃないさくらを連れ出して、おとーしゃんのお迎え散歩に出る。

駅でおとーしゃんをお迎えして、お家まで歩いている途中。
近所の公園に差し掛かった。
折しも、夏休みの金曜日。中学生くらいの子達が賑やかに花火してた。
すると「パンパンパン!」って、花火の破裂音。
その瞬間、さくらはパニックに陥って、家までの数百メートルをゼィゼィ言いながら夢中で歩いた。
その横を、自転車に乗りながらはしゃいで大声で通りすぎる中学生の列も怖さを助長させたみたいだ。


それからほどなくして、さくらは夜のお散歩が全くできなくなった。
散歩の気配がわかるとリビングから一歩も動かず、テーブルの下から出てこなくなったり、時々気が向いて玄関まで来ても、家の敷地から一歩も出られない。

抱っこして、家から離れたところで下ろして歩かせたこともあったけど、数十メートル歩いたら「もう、無理ーーー!」って、ゼイゼイ言いながら家に引き返す。
の繰り返しの毎日。

まもなくして、さくらのヒートが始まったので、無理に夜のお散歩させることはやめた。

昼間のお散歩は喜んで出掛けるし、ヒートの時以外は週末のドッグランや、高原へのお出掛けができていたし、正直、毎日嫌がるさくらを夜の散歩に連れ出すのはさくらだけじゃなく私のストレスでもあった。




元々、お散歩好きじゃないけど、食べることに対してもあまり興味のないさくら。
散歩が減った分、ご飯を減らしてもそんなに文句はなさそうだった。
しかし、年末から春にかけて、さくらの体力が落ちてきたこと、周囲の人たちから「また、おっきくなったね~」と、会うたびに言われるようになったこと。
等々。。。これはそろそろまずいかも。と、思い始めた。

毎日さくらを見ている私たちでもぽっちゃりしてきたと思ったし、病院で体重を測ってもらったら、しっかりと数字に現れていた!



このままではいけない。


そこから、また毎日の夜のお散歩訓練が始まった。

夜の散歩はおとーしゃんとおかーしゃんとさくらの3人で。
怖い思いをした公園とは反対側に行く道を、おとーしゃんが抱っこして「さくら、大丈夫だよ~!大丈夫!」と、諭し、励ましながら歩き、途中で下ろして歩かせる。
怖くて立ち止まると、私が先を歩いて「さくら、おいで~!こっちだよ~!」と、先導する。
怖くて固まっているさくらを、とーしゃんが優しく撫でて大丈夫!大丈夫!と、励ます。

を、繰返した。

少しずつ、少しずつ、夜のお散歩ができるようになってきた。


お散歩の甲斐があったか、からだも少し絞られてきた気がする。
目に見える違いは、体力が格段についてバテるまでの時間がだいぶのびた。

目に見える変化は私たちのやる気を奮い立たせたし、何より、みんなで一緒にお散歩するこの時間は昼間さくらをお留守番させている私たちにとって貴重で、大切な時間なのだ。




相変わらず破裂音はパニックになる。
そして、嫌なことは覚えているもので、破裂音のした場所には近づこうとしない。
賢いんだか、なんなんだか。。。(^_^;)


この時期のお散歩は、近所の花火が終わるくらいの時間に、ハーネスをしっかりつけて。。。

注意深く、注意深く。。。。


それでも楽しんでお散歩できてたんですよ。ここ2、3日前までは。


2、3日前に、別のパニック音があることがわかったんです。

花火の音じゃなかったら、
車のクラクションか?バイクの音か?はたまた遠くの雷鳴か???







それがなんと。。。。





アブラゼミの鳴き声...(^_^;)

昼間に鳴いてるアブラゼミは平気なのに。
街灯の下で不意に鳴く、夜のアブラゼミ。
あの、「ジジジッ!」って音にパニックになっているではないかっ!


もう、さくらたん。。。
なにがパニック音なのかさっぱりわからんよ(´-ω-`)

あのはじめてのパニックから1年。

試行錯誤し、紆余曲折の末、やっとまともに夜のお散歩できるようになった矢先、アブラゼミにパニックになっているわが愛娘の姿は、気の毒で仕方ないのだけど、なぜにあの「アブラゼミに?」と、思うと、可笑しいやら情けないやら...(^_^;)


そう思えるようになったってことは、私たちもだいぶさくらの音に対する敏感さに慣れたと言うこと。
この先もどんな音に反応するのかわからないけど、いつも気を付けてあげながら、楽しいワンLIFEを過ごさせてあげないといけないなぁ。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

家が近所だったら、いちくん&マ~さんと一緒に出来るんだけどね(^◇^)
そしたら少しは夜の散歩、怖くなくなる?

Re:

TAMAさん

そうなんだよ!
いちくん&マ~さんと一緒の時は周りのことより、いちくん&マ~さんと歩けることが嬉しくて、気にならないみたいなんだよね。
現に、一緒の時は嫌いな公園の周りも一緒に歩いてたから。
ほんと、気を付けてあげないとなぁ(´-ω-`)

アルゴも昔ガキンチョのせいで花火がダメになったけど、今は全然大丈夫になった。
一年ぐらいで忘れたのかも。。。

今は蚊がダメです(^_^;)

Re:

ちびるくん

アルゴもはなびだめなときあったんだ!
今は大丈夫って聞くと、ちょっと期待持てる気がしてきた!!!

しかし、蚊がダメなんて!
それ、音がダメなのかな?だとしたら、やっぱり音の大きさじゃないのね~(^_^;)

ママさんも最後の書いていらっしゃるように
その子の苦手や傾向を飼い主がどれだけ把握して
対応できるか、ということなのでしょうね。
周りの環境は変えられませんが、
こちらの心持ち次第でいくらでも対応できますものね。

ビダも同じく音に非常に敏感です。
公園で練習中の陸上部のスタートの合図の「手を叩く音」よーいパン!でパニックです。
マフラーを改造したバイクの音もアウトです。
まったく困ったものです。

Re:

higoさん

以前、higoさんもブログでビダちゃんの音に敏感な話書いていらっしゃって、まさに同感!でした。
さくらは公園内の陸上競技場脇を歩いていて、スタートのピストル音でパニックに。。。
それ以来、公園に行ってもその道は通りません。
こればっかりは、仕方ないのかなぁと。
私たち人間が上手に付き合って行ってあげるしかないと思うんですよね。


管理者にだけ表示を許可する

残暑お見舞い «  | BLOG TOP |  » 無駄使いか!?必要経費か!?

プロフィール

さくら母

Author:さくら母
趣味:
愛犬さくらとのお散歩、ラグビー観戦。
好きなチーム:
パナソニックワイルドナイツ、NZ「AllBlacks」

2010年7月からスタッフィーの「さくら」と暮らし始めました。
最初は不安なことばかりでしたが、今はさくらとの毎日を楽しんでいます。
ラグビーファンの我が家。ときどきさくらも一緒に観戦に行っています。
日本酒大好きさくら家。
さくらも日本酒のわかる犬に成長しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

さくら (544)
ラグビー (64)
日々のこと (244)
ドライブ (4)
お酒日記 (20)
フラワーアレンジ (23)
未分類 (0)
ご挨拶 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして